新着記事

注目のトピック

おすすめ名医紹介

北海道おすすめの白内障手術の名医2人

北海道おすすめの白内障手術の名医

北海道で白内障手術を検討されている方はいませんか? 本記事では、北海道で白内障手術に対応しているおすすめの眼科医院をご紹介します。北海道に在住されていて、眼科医院選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

白内障手術のおすすめ医院のポイント

白内障とは、加齢によって水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。高齢者のほとんどが個人差はあるものの白内障にかかると言われており、治療する手段は現在のところ手術以外ないと言われています。ここでは、白内障手術を受ける医院選びにおいて、どのようなポイントに気をつけるべきかについて説明します。

白内障手術の経験が豊富

白内障手術を受ける際は、白内障手術の経験が豊富な眼科医院を選ぶことが重要です。手術の症例数が多い医院には、それだけ治療に関するノウハウが蓄積されており、大小さまざまな症状を持つ患者さんの治療に対応できると言えます。また、その研鑽に加えて、医師の経歴から白内障手術に長年携わってきたかどうかが分かります。数多くの治療を経験してきた医師なら、高度な技術を持っている可能性が高いため質の高い治療を受けることができるでしょう。各眼科医院のサイトには累計や年間での症例数が記載されていることがあるため、それらを医院選びの参考にすると良いでしょう。

複数の眼内レンズを採用している

白内障手術の名医は、焦点が合う範囲が1点だけの単焦点眼内レンズに限らず、複数箇所に焦点を合わせることができる多焦点眼内レンズなど複数の眼内レンズを採用しています。多焦点眼内レンズの中でも多彩なレンズを取り扱っているなど、患者さんの目の状態やライフスタイルに応じて適切な眼内レンズを提案してくれる医院を選ぶようにしましょう。

先進的な設備を導入している

白内障手術でおすすめできる眼科医院は、治療に必要な設備も先進的なものを完備しています。精密かつ迅速なオペを可能にし、効率的な手術に対応する手術装置や、コンピューターによる制御のもと、患者さんの目を解析して適切な治療内容をプランニングするシステムなど、白内障手術に精通した医院は安全性の高い治療を行うための設備を揃えています。

北海道の白内障手術でおすすめの名医

十川 健司 十川眼科@旭川市

十川 健司 十川眼科

プロフィール

十川健司先生は、2003年国立旭川医科大学医学部医学科を卒業後、同大学院にて博士号を取得、眼科分野の研鑽を積んだのちに、2019年十川眼科を開業されました。日本眼科学会眼科専門医であり、質の高い技術力、知識量を活かし様々な網膜硝子体手術や難症例の白内障手術を実施しているそうです。また、2022年ふらの眼科、2023年に十川眼科大町院を開院され、多くの患者さんの「視える」に貢献されています。

十川先生はこんなドクター

白内障手術のスペシャリスト

十川先生は、日本眼科学会眼科専門医の資格を持ち、大学病院にて数多くの白内障手術を経験されてきた熟練の医師です。質の高い技術力はもちろん、白内障手術に特化した手術装置や、笑気吸入鎮静器などの先進的な医療機器が揃っているため、精密かつ安全性の高い治療を実施することができるそうです。また、白内障手術だけに留まらず、網膜前膜や糖尿病網膜症、黄斑円孔、網膜剥離、硝子体出血など多岐に渡る網膜硝子体疾患に対応されている心強い医師です。

豊富な種類の眼内レンズを用意

患者さんのニーズを捉え、常に満足度の高い治療にコミットされている十川先生は、個々のライフスタイルに応じた様々な眼内レンズを提案されています。治療前のカウンセリングに余念がなく、目の症状だけでなく生活環境や価値観などをしっかりと把握し、適切な治療法を考案しているそうです。視界の一点のみにピントを合わせることができる単焦点眼内レンズや、遠距離と近距離の交互に焦点を当てることができる多焦点眼内レンズ、角膜の歪みに対応可能な乱視矯正レンズなど、患者さん一人ひとりに合ったレンズを提供しているので、QOL(生活の質)向上にも期待が持てるでしょう。

負担の少ない白内障手術

患者さんの心身や、日常生活、社会生活への影響まで考慮した良質な白内障手術を提供するのが十川先生です。数多くの経験や、迅速かつ効率的なオペを可能にする技術力、白内障手術器械「インフィニティ」による0.5mmの極小切開によって身体的、精神的負担の少ない手術が可能となっているそうです。また、その特長を生かして白内障手術の日帰り手術(※術前後は経過観察のため通院が必要な場合もあります)に対応でき、煩わしい日程調整が少なくなるなど、あらゆる要素において安心できるよう細かな配慮がなされています。

主な資格・所属・学会

  • 医学博士
  • 日本眼科学会 眼科専門医

十川先生の所属クリニック

十川眼科
十川眼科の基本情報

診療時間

月・金曜 9:00〜12:00/14:00〜18:00
火・水・木・土曜 9:00〜12:00
第4木曜のみ診療あり(旭川医大 廣川医師)
※1 土曜日の診療は、週により担当医師が異なります

休診日

日曜・祝日

診療内容

眼科

住所

北海道旭川市緑が丘東3条1-12-18

アクセス

富良野線西御料駅 徒歩18分

電話番号

0166-76-6651

費用
(税込)

手術費用
3割負担の方 ¥45,000〜¥60,000(片眼)
2割負担の方 ¥30,000〜¥40,000(片眼)
1割負担の方 ¥15,000〜¥20,000(片眼)
多焦点眼内レンズ ¥200,000~¥250,000

治療期間

術後は、目の状態が安定するまでの約1〜2ヶ月間の点眼加療と定期検査が重要です。
通常は手術翌日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後といった期間で検査を受けていただきます。

治療回数

術前検査、手術当日の2回

十川眼科のお問い合わせ

菅原 亮一 菅原眼科@北見市

プロフィール

菅原亮一先生は、1997年旭川医科大学医学部医学科を卒業し、大学病院などの基幹病院にて眼科分野の研鑽を積み、複数の眼科医院にて勤務経験を経たのちに、2020年地元である北見市にて菅原眼科を開設されました。日本眼科学会眼科専門医の資格を持ち、白内障手術をはじめ数多くの眼科疾患の治療を手掛けられてきました。また、効率的かつ安全性の高いオペを行うことによって、極力患者さんの負担を減せるよう尽力されています。

菅原先生はこんなドクター

菅原先生は、自身の卓越した技術力と経験、知識、医療設備を駆使しながら質の高い白内障手術に努められています。眼鏡の着用が必要な単焦点眼内レンズのほかに、乱視改善を狙ったトーリック眼内レンズ、遠方と近距離を交互にピントを合わせることが可能で、生活の質向上に役立つ多焦点眼内レンズなど豊富なレンズを用意されているので、自分の生活に合った見え方を選択することができるそうです。手術は、感染対策がしっかりとしたオペ室で行われ、低濃度笑気麻酔のような痛みを感じにくい取り組みもしながら微細な振動も生じない強固な作りかつ圧迫感を排した開放的な空間となっているため、落ち着いた気持ちで手術に臨むことができるでしょう。また、診察順番管理システムやマルチモニター連動型の電子カルテなど、効率的なオペレーションを図るための環境が整っているそうなので、長い待ち時間に悩まされる心配が少ないのも嬉しいポイントですね。

主な資格・所属・学会

  • 医学博士
  • 日本眼科学会眼科専門医
  • 光線力学的療法(PDT)認定医
  • A型ボツリヌス(ボトックス)療法認定医
  • 日本眼科手術学会
  • 日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)

菅原先生の所属クリニック

菅原眼科
菅原眼科の基本情報

診療時間

外来:月、金曜 8:30~11:30/14:00~17:00
火~木曜 8:30~11:30
手術:月〜土 14:00〜17:00

休診日

土、日、祝

診療内容

眼科

住所

北海道北見市小泉394-5

アクセス

JR北見駅から車で約7分
JR愛し野駅から車で約2分 
JR柏陽駅から車で約2分

電話番号

015-723-8000

費用
(税込)

詳しくは医院にお問い合わせください。

治療期間

詳しくは医院にお問い合わせください。

治療回数

詳しくは医院にお問い合わせください。

菅原眼科のお問い合わせ

RELATED

PAGE TOP