新着記事

注目のトピック

緑内障

緑内障に痛みはある?痛みの対処法について徹底解説!

緑内障 痛み

緑内障に痛みはあるのでしょうか?本記事では、緑内障の痛みの対処法について以下の点を中心にご紹介します。

  • 緑内障の痛みとは
  • 緑内障と頭痛の関係
  • 緑内障の痛みの対処法

緑内障に痛みがあるのかについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

緑内障の痛みとは

緑内障の痛みとは

痛みを感じる危険な緑内障もあるのですか?
緑内障は、視神経に異常が生じ、視野が狭くなる病気です。多くの場合、症状はゆっくりと進行し、初期段階では自覚症状がほとんどありません。そのため、この病気はしばしば見過ごされがちです。 しかし、一部の緑内障では、痛みを伴うことがあります。これは急性閉塞隅角緑内障と呼ばれる種類の緑内障で、眼圧が急激に上昇し、激しい頭痛や吐き気を引き起こすことがあります。このような症状が現れた場合、すぐに医療機関に連絡することが重要です。放置すると、急速に視力を失う可能性があります。 したがって、定期的な眼科検診を受けることで、早期発見・早期治療につながり、視力を保つことが可能です。健康的な生活を送り、自己管理を心掛けることも大切です。
痛みを放置するとどうなりますか?
眼痛が続く場合、それはしばしば視神経に何らかの問題が発生している可能性を示しています。特に、急性閉塞隅角緑内障という種類の緑内障では、眼圧が急激に上昇し、激しい眼痛を引き起こすことがあります。このような症状が現れた場合、放置すると視力を急速に失う可能性があります。 したがって、持続的な眼痛を感じた場合は、すぐに医療機関に連絡し、適切な診断と治療を受けることが重要です。早期発見と早期治療は、視力を保つための鍵となります。
眼痛の痛みには大きな個人差がありますか?
緑内障に関連する眼痛の程度は個々により異なり、一部の人々は目が重たいと感じるだけである一方で、他の人々は我慢できないほどの激しい痛みを感じることもあります。痛み止めの薬を服用することで一時的に痛みが軽減されることもありますが、これはあくまで一時的な対策です。

緑内障と頭痛の関係

緑内障と頭痛の関係

急性緑内障発作になるとどのような症状が現れますか?
急性緑内障発作は、眼圧が急激に上昇する状態で、激しい頭痛や眼の痛み、吐き気、眼の充血、視界が霞むなどの症状が現れます。これは、眼内で眼圧を保つ液体である「房水」の排出経路である「隅角」が閉塞し、房水の排出が妨げられることが原因です。この状態を原発閉塞隅角緑内障と呼びます。 急性緑内障発作は、視神経に重大なダメージを与え、放置すると視力を失う可能性があります。したがって、上記のような症状が現れた場合は、すぐに医療機関に連絡し、適切な治療を受けることが重要です。早期発見と早期治療は、視力を保つための鍵となります。
緑内障になるとなぜ頭痛の症状が出やすくなりますか?
緑内障になると頭痛の症状が出ることは比較的まれであり、直接的な関連性は少ないです。一般的に、緑内障の主要な症状は視野が狭くなることや視力の低下です。ただし、以下の点について考慮する必要があります。眼圧上昇による頭痛:
緑内障に関連することとして、時折眼圧の上昇が発生することがあります。高眼圧性緑内障と呼ばれる特定の緑内障の症状では、眼内の圧力が上昇し、頭痛のような症状を引き起こすことがあります。ただし、これは一般的な緑内障の症状ではなく、緑内障全般に当てはまるものではありません。

緑内障治療に関連する頭痛:
緑内障の治療には目薬などが使用され、これらの治療薬が頭痛の副作用を引き起こすことがあるかもしれません。ただし、これは治療を受けている一部の患者に関連するものであり、緑内障そのものが頭痛の原因ではありません。

したがって、頭痛が緑内障の主要な症状ではなく、むしろ緑内障と頭痛が同時に現れる場合、その原因は別の要因に関連している可能性が高いです。頭痛が持続する場合や他の症状と併発する場合、医師に相談し、適切な診断と治療を受けることが重要です。

慢性緑内障でも頭痛が発症しますか?
慢性緑内障も、頭痛がすることがあります。これは、眼圧の変動や視神経への負荷が頭痛を引き起こす可能性があるためです。特に、デスクワークや肩こりなどのストレス状況では、「緊張型頭痛」のように頭が重く感じることがあります。 しかし、このような頭痛は急性緑内障発作のような激しい痛みとは異なります。急性緑内障発作は、眼圧が急激に上昇し、激しい眼痛や頭痛を引き起こす一方、慢性緑内障の頭痛は軽度で、持続的なものであることが多いとされています。 それでも、頭痛が続く場合は、眼科での検診を受けることをお勧めします。

緑内障の痛みの対処法

緑内障の痛みの対処法

寝不足や生活習慣を見直すのは効果が期待できますか?
寝不足や生活習慣の見直しは、頭痛や頭の重さを軽減するために効果的な対策となることがあります。適切な睡眠時間を確保し、健康的な食事を摂る、適度な運動をするなどの生活習慣の改善は、全身の健康状態を向上させるだけでなく、眼圧の安定や視神経の健康を保つためにも重要です。 しかし、これらの対策を行っても頭痛や頭の重さが改善しない場合、または緑内障や他の眼の病気の可能性があると感じた場合は、早めに医療機関に相談することをお勧めします。市販薬による対処療法は一時的なものであり、根本的な問題解決には至りません。 特に、眼精疲労やドライアイが気になる場合は、眼科での検診を受けることが重要です。
頭痛が治らないときは病院を受診した方がいいですか?
頭痛が続く場合、それは潜在的な健康問題を示す可能性があります。特に、頭痛が慢性的であるか、急に激しくなる場合、または他の症状(例えば視覚障害や吐き気)と一緒に現れる場合は、医療機関を受診することを強くお勧めします。
市販薬を飲んでも大丈夫ですか?
市販薬は一時的な症状の緩和に役立つことがありますが、それはあくまで一時的なものであり、根本的な問題解決には至りません。特に、頭痛や眼の痛みなどの症状が続く場合、それは潜在的な健康問題を示す可能性があります。 したがって、市販薬を使用する前に、または市販薬を使用しても症状が改善しない場合は、医療機関に相談することを強くお勧めします。医師や薬剤師は、症状や健康状態に合った治療法を提案してくれます。 また、市販薬の使用は、他の医薬品や健康状態との相互作用を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。適切な使用と管理により、市販薬は利用できます。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで緑内障に痛みがあるのかについてお伝えしてきました。緑内障に痛みがあるのかの要点をまとめると以下の通りです。

  • 初期段階では自覚症状がほとんどないため、しばしば見過ごされがちですが、一部の緑内障では、痛みを伴うことがある。
  • 緑内障は、眼圧の上昇により視神経にダメージを与える病気で、これが頭痛の原因となる。
  • 適切な睡眠時間を確保し、健康的な食事を摂る、適度な運動をするなどの生活習慣の改善は、眼圧の安定や視神経の健康を保つためにも重要。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

東京大学医学部卒業(1995年 MD)/ 東京大学大学院修了(医学博士 2001年 PhD) / 東京大学医学部眼科学教室講師(2012-2015年) / デューク・シンガポール国立大学医学部准教授(2016年-2020年)/ 旭川医科大学眼科学教室教授(2018年-2020年) / 横浜市立大学 視覚再生外科学 客員教授(2020年-現在) / 専門は黄斑疾患。シンガポールをはじめとした国際的な活動に加え、都内のお花茶 屋眼科での勤務やDeepEyeVision株式会社の取締役を務めるなど、マルチに活躍し ています。また、基礎医学の学術的バックグラウンドを持ち、医療経済研究、創薬、国際共同臨床研究などを行っています。

記事をもっと見る

RELATED

PAGE TOP