新着記事

注目のトピック

おすすめ名医紹介

兵庫県おすすめの白内障手術の名医2人

兵庫県おすすめの白内障手術の名医

「白内障手術を受けたいけれど、どこで受診すれば良いのかわからない…」 そんな方はいませんか?
本記事では、兵庫県で白内障手術を検討されている方のために、おすすめの眼科医院をご紹介しています。兵庫県に在住されていて、眼科医院選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

白内障手術のおすすめ医院の特徴

白内障とは、加齢によって水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。高齢者のほとんどが程度の差はありますがこの白内障にかかると言われています。白内障を治療する手段は現在のところ手術以外はありません。ここでは、白内障手術を受ける医院選びにおいて、どのようなポイントに気をつけるべきかについて説明します。

先進的な設備を導入している

白内障手術でおすすめできる眼科医院は、治療に必要な設備も先進的なものを完備しています。コンピューターによる正確な制御のもと、精密な手術を行えるフェムトセカンドレーザーや、患者さんの目を解析して適切な治療内容をプランニングするシステムなど、白内障手術に精通した医院は安全な治療を行うための設備を揃えていることが多いです。

白内障手術の経験が豊富

白内障手術を受ける際は、白内障手術の経験が豊富な眼科医院を選ぶようにしましょう。手術の症例数が多い医院には、それだけ治療に関するノウハウが蓄積されており、またその研鑽により高度な技術を持った眼科医師による手術を受けることができます。各眼科医院のサイトには累計や年間での症例数が記載されているため、それらを医院選びの参考にすると良いでしょう。

複数の眼内レンズを採用している

白内障手術の名医は、複数の眼内レンズを採用していることが多いです。焦点が合う範囲が1点だけの単焦点眼内レンズに限らず、複数箇所に焦点を合わせることができる多焦点眼内レンズでも複数の種類を用意していて、患者さんの目の状態やライフスタイルに応じて、適切な眼内レンズを提案してくれる医院を選ぶようにしましょう。

兵庫県の白内障手術でおすすめの名医

吉田 達彌 新見眼科@明石市

プロフィール

吉田先生は、北里大学薬学部を卒業後岡山大学医学部に入学し、卒業された薬と医学のスペシャリストです。日本眼科学会認定眼科専門医として基幹病院や大学病院で研鑽を積み、令和2年4月より新見眼科の院長に就任されました。白内障手術だけでなく網膜硝子体手術などの経験が豊富であり、数多くの患者さんの眼科疾患の解消に従事されています。

吉田先生はこんなドクター

経験豊富な医師による先進設備を用いた治療

吉田先生は、日本眼科学会 眼科専門医の資格をお持ちで、先進的な手術機器と検査機器を用いてこれまでに多数の白内障手術を行われてきたスペシャリストです。患者さんへの負担が少ない白内障手術の装置を揃え、安全性を重視し迅速に手術を施されているそうです。眼内レンズの度数決定や角膜の形状解析のために専用の度数検査装置を使用されており、手術後の見え方の質を向上するために熟達した医師とスタッフが精密な検査を行われているといいます。手術時の痛みを低減するために様々な工夫をされ、手術への恐怖感や緊張が強い方には通常の点眼麻酔に加えて低濃度笑気ガス麻酔を併用することで、リラックスして手術が受けられるように配慮されています。

様々な種類の多焦点眼内レンズを用意

吉田先生が勤める新見眼科では、様々な種類の多焦点眼内レンズを用意されています。従来の白内障手術で用いられている単焦点眼内レンズは焦点が合う範囲が狭く、ピントが合わない距離の対象物を見るためには眼鏡を着用する必要がありました。しかし、多焦点眼内レンズを使用することで、遠近両方に焦点を合わせやすくなり老眼の不便さも克服することができるそうです。近年では様々な種類の多焦点眼内レンズが生み出されており、海外製も含めた多種多様な多焦点眼内レンズのそれぞれのメリットとデメリットを熟知して、患者さんごとの目の状態や希望に合わせたものを提案し、治療計画を策定されているといいます。

FLACS(レーザー白内障手術)による治療

吉田先生は、FLACSというフェムトセカンドレーザー白内障手術装置を使用した治療を提供されています。従来は術者の持つ技術に委ねられていた前嚢の切開や水晶体の分割などの手術過程を非常に精密な精度で行うことが可能で、特に多焦点眼内レンズの効果を大きく発揮させることが期待できるそうです。

主な資格・所属・学会

  • 日本眼科学会 眼科専門医
  • 日本眼科手術学会
  • 日本抗加齢学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本眼内レンズ屈折矯正手術学会

吉田先生の所属クリニック

新見眼科
新見眼科の基本情報

診療時間

月・火・木・金 9:00〜11:30/14:30〜17:00
水・土 9:00〜11:30

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

診療内容

眼科

住所

兵庫県明石市二見町東二見901-1

アクセス

山陽電鉄 東二見駅 南出口 西側すぐ

電話番号

078-949-5310

費用
(税込)

単焦点眼内レンズ(保険診療・窓口負担)
70歳未満 片眼 約60,000円 両眼 約120,000円
70歳以上 18,000円

多焦点眼内レンズ
マニュアル手術 選定療養(保険診療自己負担分は別)
通常レンズ 220,000円 乱視矯正レンズ 275,000円
通常レンズ 330,000円 乱視矯正レンズ 385,000円

自由診療
マニュアル手術 550,000円
プレミアム白内障手術 770,000円

新見眼科のお問い合せ

木本 高志 きもと眼科@西宮市

プロフィール

木本高志先生は、関西医科大学を卒業され、同大学院で医学博士号を取得された日本眼科学会 眼科専門医です。同大学眼科学教室や南カリフォルニア大学ドヘニー眼研究所、松下記念病院の眼科などで研鑽を積まれました。国際眼炎症学会や日本眼循環学会、日本眼科手術学会などにも所属し、関西医科大学眼科の非常勤講師も務められています。地域の方々から信頼される存在を目指して、日々の診療にあたられているそうです。

木本先生はこんなドクター

木本先生は、白内障の日帰り手術を行われています。点眼麻酔で手術を施されており、手術中の痛みはほとんどなく、意識もあるので医師やスタッフの声が聞こえ、普通に会話もできるリラックスした状態で手術を受けることができるそうです。顕微鏡を使用して、約2.5ミリと小さく切開して、水晶体の濁った部分を超音波で破砕して取り除いた後に、眼内レンズを挿入されています。眼内レンズを入れた後は半永久的な使用が可能になるといいます。成熟白内障、併発白内障、水晶体脱臼などの難症例にも対応されており、状況によって入院での手術が望ましいと思われる患者さんの場合は、提携病院において、木本先生の執刀の下、手術を実施されているそうです。

木本先生は、後発白内障の治療において、レーザー治療を提供されています。人工レンズを包んでいる嚢が濁ってくる白内障手術の合併症の1つで、その濁りをレーザーで除去し、再び良く見えるようにする治療です。レーザーは嚢の部分に当てるため、痛みを感じることは少ないといいます。手術室には空気清浄システムを導入されており、室内の空気を清浄に保たれているそうです。

主な資格・所属・学会

  • 医学博士
  • 日本眼科学会 眼科専門医
  • 国際眼炎症学会
  • 日本眼循環学会
  • 日本眼科手術学会

木本先生の所属クリニック

きもと眼科
きもと眼科の基本情報

診療時間

月・火(手術)・金 9:30〜12:30/15:30〜18:30
水 9:30〜12:30/17:00〜19:00
木・土 9:30〜12:30

休診日

木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

診療内容

眼科

住所

兵庫県西宮市甲子園町26-14 甲子園メディカルプラザ3F

アクセス

阪神甲子園駅より徒歩6分

電話番号

0798-44-1146

費用
(税込)

きもと眼科のお問い合せ

RELATED

PAGE TOP