新着記事

注目のトピック

緑内障

緑内障と飛蚊症の関係性は?原因や症状とともに解説

眼底検査で緑内障を早期発見!検査の流れやその他の検査方法について解説

毎日の生活の中で、私たちはさまざまな美しい景色を目にします。しかし、目の健康に問題が生じた時、それらの景色が曇ったり、見えにくくなったりすることもあります。例えば、視界を漂う小さな影や点、これは飛蚊症の兆候かもしれません。また、視界が徐々に狭くなる感覚は、緑内障の初期症状の可能性があります。これらの症状は単なる年齢の影響と思われがちですが、実はより深刻な健康問題のサインである場合もあります。本記事では、緑内障と飛蚊症の関係性に焦点を当て、それらが私たちの視力にどのような影響を及ぼすのかを探ります。明瞭な視界を保つために、これらの症状を正しく理解し、適切な対応をすることが重要です。

緑内障の症状や原因について

緑内障の症状や原因について 緑内障は、世界中で視力障害の主要な原因の一つです。この病気は目の圧力が異常に高くなり、視神経が損傷することで起こります。症状は徐々に進行するため、早期発見が困難であることが多く、未治療の場合、失明に至る可能性もあります。このセクションでは、緑内障の特徴的な症状と、発症する原因について詳しく説明していきます。

緑内障の症状について教えてください。
緑内障の初期症状は非常に微細で、多くの場合、患者さんは長い間気づかないことがあります。最も一般的なタイプである開放隅角緑内障では、視野の徐々な狭窄が見られますが、これは日常生活においては顕著ではないため、見過ごされがちです。また、目の圧迫感、頭痛、視力の急激な低下、虹彩周囲のハロ現象(明るい光の周りに輪が見える)などの症状が現れることがあります。
緑内障の原因やなりやすい人の特徴を教えてください。
緑内障の主な原因は、目の内部圧力の上昇です。この圧力が高まると、視神経への血流が阻害され、視神経が損傷し始めます。リスク要因としては、年齢の増加、家族歴、高度の近視、糖尿病、高血圧などがあります。また、アフリカやアジアの血統を持つ人々、ステロイド薬の長期使用者も緑内障になりやすいとされています。

緑内障の検査や治療方法について

緑内障は、早期に発見し治療を始めることが極めて重要な疾患です。症状が進行してしまうと、視神経の損傷は不可逆的になり、視力の回復が難しくなります。ここでは、緑内障の診断に用いられる検査方法と、現在利用可能な治療オプションについてご紹介します。

緑内障の検査はどのようなものですか?
緑内障の検査には、目の圧力を測定する眼圧検査、視野のチェックを行う視野検査、視神経の損傷を評価するための眼底検査、角膜の厚みを測定するパキメトリーなどがあります。これらの検査は、緑内障の診断、進行状況の監視、および治療計画の立案に不可欠です。
緑内障になった際の治療方法について教えてください。
緑内障の治療は主に、目の圧力を下げることを目的としています。治療方法には、点眼薬の使用、レーザー治療、さらに進行した症例では眼圧を下げるための手術が含まれており、これらの治療は、視神経が更に損傷を受けることを防ぎ、可能な限り視力を保つために行われます。

飛蚊症の症状や原因について

飛蚊症は、目の中のゼリー状の物質が変化することで、視界に小さな影や点が浮かぶ現象です。多くの場合、この症状は危険ではありませんが、時には目の内部で重要な変化が起こっているサインであることもあります。このセクションでは、飛蚊症が起こる原因と、それが示す可能性のある症状について掘り下げます。

飛蚊症の症状について教えてください。
飛蚊症は、視界に小さな黒い点、線、またはクモの巣のような形状が見える症状です。これらは特に明るい背景を見ている時や、目を動かした時により顕著になることがあります。通常、これらの視覚的な干渉は単なる不便に過ぎませんが、急に数が増えたり、視界の閃光が伴う場合は、目の専門医による評価が必要です。
飛蚊症の原因について教えてください。
飛蚊症の最も一般的な原因は、目の内部にある硝子体が加齢と共に液状化し、その繊維が縮まることによるものです。これにより、繊維が光の通路を遮り、影が網膜上に投影されます。また、眼の炎症、眼内出血、網膜の裂け目など、他の眼の問題が原因で飛蚊症が起こることもあります。

飛蚊症の検査や治療方法について

飛蚊症は通常、重大な問題ではありませんが、それが目の他の変化の指標である場合があります。適切な検査によって、飛蚊症の原因を特定し、必要ならば治療を行うことができます。ここでは、飛蚊症に対する検査方法と、状況に応じた治療オプションについて解説します。

飛蚊症のような症状が出た際の検査はどのようなものですか?
飛蚊症の症状が現れた場合、眼科医は通常、詳細な眼底検査を行います。この検査では、瞳孔を開くための点眼薬を使用した後、特殊な機器を使って網膜の状態を詳しく調べ、網膜の裂け目や剥離などの問題がないかを確認します。この検査は、飛蚊症の原因が単なる加齢によるものなのか、それともより深刻な疾患が関連しているのかを区別するのに役立ちます。
飛蚊症の治療方法について教えてください。
多くの場合、飛蚊症は治療を必要としませんが、症状が特に気になる場合や、生活の質に影響を及ぼす場合には、治療が検討されます。治療オプションとしては、レーザー治療や硝子体手術がありますが、これらは特定の条件下でしか推奨されません。レーザー治療は、飛蚊症を形成している硝子体の繊維を分解することを目的としています。硝子体手術は、影を引き起こしている硝子体を取り除くより侵襲的な手術です。どちらの治療もリスクがあり、患者さんと医師が十分に話し合った上で決定されます。

緑内障と飛蚊症の関係性

緑内障と飛蚊症の関係性 結論からお伝えすると、緑内障と飛蚊症に関係性はありません。ただし、例外として、飛蚊症が引き起こす眼内の変化が緑内障のリスクを高める他の状態と重なることがあります。ここでは、その例外と、飛蚊症が現れたときに考えられる病気について説明します。

飛蚊症と緑内障の関係性を教えてください。
飛蚊症自体が緑内障を引き起こすわけではありませんが、例外として、飛蚊症を引き起こす眼内の変化は、緑内障のリスクを高める他の状態と重なることがあります。例えば、血管新生緑内障は、眼内の異常な血管が成長し、これが硝子体出血や飛蚊症を引き起こすことがあります。これらの症状がある場合は、なるべく早くお近くの医療機関へ相談されることをおすすめします。
飛蚊症が現れた時に考えられる病気は何がありますか?
飛蚊症が急に発生する場合、網膜の裂け目や剥離などの重大な状態を示している可能性があります。これらの症状は目の内部の変化を示しており、注意深い診断が必要です。また、炎症や出血など、他の眼の疾患が原因で飛蚊症が引き起こされることもあります。

編集部まとめ

私たちの視界に微妙な変化をもたらす緑内障と飛蚊症は、一見すると単なる老化の徴候のように思えるかもしれませんが、実際には目の健康に関わる深刻な兆候の可能性があります。これらの症状が見られる場合は、ただちに専門の診断を受けることが肝心です。緑内障は視神経に永続的な損傷を与える可能性があり、飛蚊症は重要な目の変化を示唆している場合があります。いずれにしても、早期発見が視力を保つための鍵です。日常のちょっとした症状に注意を払い、目の健康を維持するための積極的な一歩を踏み出しましょう。

参考文献

この記事の監修歯科医師
柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

東京大学医学部卒業(1995年 MD)/ 東京大学大学院修了(医学博士 2001年 PhD) / 東京大学医学部眼科学教室講師(2012-2015年) / デューク・シンガポール国立大学医学部准教授(2016年-2020年)/ 旭川医科大学眼科学教室教授(2018年-2020年) / 横浜市立大学 視覚再生外科学 客員教授(2020年-現在) / 専門は黄斑疾患。シンガポールをはじめとした国際的な活動に加え、都内のお花茶 屋眼科での勤務やDeepEyeVision株式会社の取締役を務めるなど、マルチに活躍し ています。また、基礎医学の学術的バックグラウンドを持ち、医療経済研究、創薬、国際共同臨床研究などを行っています。

記事をもっと見る

RELATED

PAGE TOP