新着記事

注目のトピック

白内障

白内障の手術は医療保険でカバーできる?費用の目安も紹介!

白内障 医療保険

白内障の治療に医療保険は適用できるのかご存知ですか? 本記事では白内障治療と医療保険について以下の点を中心にご紹介します。

  • 白内障の手術費用
  • 白内障の保険制度
  • 生命保険の注意点

白内障の医療保険について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

白内障の手術費用

白内障の手術費用

自由診療での白内障手術費用の目安はどれくらいですか?
白内障は、目の水晶体が濁ってしまう病気で、進行すると視力が低下してしまいます。この病気の治療方法として、手術が一般的に行われています。特に、高齢化社会を迎える現代では、多くの方が白内障手術を受けることとなっています。
白内障手術には、健康保険を利用した治療と、自由診療としての治療があります。自由診療での治療は、使用する眼内レンズの種類や手術方法によって費用が大きく異なることが特徴です。例えば、多焦点レンズという高機能なレンズを選択すると、費用が高くなる傾向があります。具体的には、超音波手術の場合、片目の手術費用が約40万円から60万円の範囲となります。一方、レーザー手術を選択すると、片目での手術費用は約50万円から70万円となることが考えられます。
これらの価格は、日帰り手術を基準としています。しかし、患者の状態や手術の内容によっては、入院が必要となることもあります。その場合、入院費用などの追加の費用が発生することも考慮する必要があります。
また、医療機関によっても手術費用は異なります。一部の医療機関では、最新の技術や設備を導入しているため、費用が高くなることもあります。そのため、具体的な費用を知りたい場合は、事前に選択する医療機関に直接問い合わせることが重要です。これにより、予算や希望に合った治療を選択できるでしょう。
単焦点レンズでの入院を伴う手術費用の目安を教えてください。
白内障手術の費用について考える際、健康保険の自己負担割合や入院の有無、手術を受ける医療機関など、さまざまな要因が影響します。特に、単焦点レンズを使用した手術で入院が必要となる場合の費用は、以下のようになります。
片目手術の場合、基本的な手術費用として約23,000円が考えられます。しかし、この費用はあくまで基本料金であり、入院中の差額ベッド料金や食事代など、追加の費用が発生することも考慮する必要があります。一方、両目を同時に手術する場合は、基本料金が約38,000円となります。この場合も、差額ベッド料金や食事代などの追加費用が必要となることが考えられます。
それに加えて、医療機関や地域、患者の健康状態や合併症の有無など、さまざまな要因によって具体的な費用が変動することがあります。したがって、手術を受ける前には、選択する医療機関に直接問い合わせて、詳細な費用や治療内容を確認することが大切です。これにより、手術に関する不安を減少させるとともに、予算や希望に合わせた治療を選択できるでしょう。
単焦点レンズでの日帰り手術費用目安を負担割合ごとに教えてください。
多くの方が気になるのは、手術費用の中で「保険がどれだけ適用されるか」という点でしょう。実際、保険の適用によって費用は大きく異なります。保険診療を希望する方は多いですが、保険が適用されるのは「単焦点レンズ」を選択した場合のみとなります。これは、単焦点レンズが基本的な眼内レンズであり、特定の焦点距離にのみ焦点を合わせることができるためです。一方、多焦点レンズは遠近両用の機能を持つため、保険適用外となります。
さて、保険診療での白内障手術の費用目安について詳しく見てみましょう。ここでの参考となるのは、単焦点レンズを使用した日帰りの超音波手術です。自己負担割合1割の場合:片目の手術費用は約1万5千円となります。
自己負担割合2割の場合:片目の手術費用は約3万円となります。
自己負担割合3割の場合:片目の手術費用は約4万5千円となります。

これらの費用はあくまで目安であり、実際の費用は医療機関や地域、患者の状態などによって異なることが考えられます。

白内障の保険制度

白内障の保険制度

白内障の手術は保険が適用されますか?
白内障手術の際の保険適用は、使用する眼内レンズの種類や認可状況によって異なります。
日本で公式に認可されている眼内レンズを使用する場合、健康保険が適用されます。具体的には、単焦点レンズを選択すれば、手術費用は全額健康保険でカバーされます。
一方、多焦点レンズについては、日本での認可状況によって異なります。日本で認可されている多焦点レンズを使用する場合、一部の費用は健康保険でカバーされますが、レンズ代金などの一部は患者さんの負担となる「選定療養」のシステムが適用されます。日本で認可されていない多焦点レンズを選択する場合、手術費用は全額自己負担となる「自由診療」となります。
簡単に言えば、単焦点を選ぶと、保険が全額適用されます。 また、多焦点レンズより広範囲には見えませんが、2焦点レンズも使われることがあります。2焦点レンズの中には保険適応のものもあります。2焦点レンズに保険が適用されるか知りたい方は医療機関に直接問い合わせるのがおすすめです。
白内障の高額療養費制度について教えてください。
具体的には、健康保険を持つ患者は、保険が適用される眼科で白内障手術を受けることができます。この際、患者の自己負担は通常1割から3割となりますが、これは患者の所得や年齢によって異なる場合があります。
さらに、医療費が一定の額を超えると、高額療養費制度というサポートが利用できます。この制度は、1ヶ月間の医療費が特定の上限額を超えた場合、その超過分が後日返還されるというものです。この上限額は、患者の年齢や収入に応じて設定されています。例えば、70歳以上の方で、1割や2割の自己負担を持つ患者の場合、上限額は18,000円となっています。
このように、高額療養費制度を利用することで、白内障手術の際の経済的な負担を大きく軽減できます。しかし、制度の詳細や適用条件は複雑であり、手術を受ける前には、医療機関や市町村の窓口などで詳しく確認することが重要です。
生命保険を活用した手術費用の負担軽減方法を教えてください。
生命保険を利用することで、白内障手術の費用を軽減する方法があります。これは、通常の健康保険とは異なる方法で、ご自身が加入している生命保険の特約によって手術費用のサポートを受けることができます。
具体的には、生命保険の契約内容に「手術に関する特約」が含まれている場合、その特約が白内障手術をカバーしているかを確認する必要があります。もしカバーされている場合、手術を受ける際に、保険会社から提供される請求書を、手術を行う医療機関に提出し、該当する項目を記入してもらいます。その後、その請求書を保険会社に送付することで、保険金を受け取れます。
具体的な保険金の支給時期や金額は、契約内容や保険会社によって異なるため、詳しい情報は直接保険会社や担当者に確認することが必要です。しかし、この方法を利用すれば、手術にかかる費用の一部を補填することが期待できます。

生命保険の注意点

生命保険の注意点

すべての生命保険で白内障の治療は保証されますか?
生命保険の内容や保証範囲は、契約する保険商品や保険会社によって異なります。一般的に、生命保険は主に死亡時の給付や高額な医療費の補償を目的としていますが、具体的な疾病や治療に対する補償内容は保険商品の詳細な契約内容によります。
白内障の治療に関して、多くの生命保険では直接的な補償対象とはならないことが一般的です。しかし、医療特約や疾病特定給付金特約などの追加オプションを付けている場合、白内障の手術や治療に関する給付が受けられることもあります。
また、生命保険とは別に、医療保険やがん保険などの健康保険を契約している場合、そちらの保険で白内障の治療に関する給付が受けられる可能性が高まります。
結論として、すべての生命保険で白内障の治療が保証されるわけではありません。具体的な補償内容や給付の有無を知りたい場合は、保険契約の内容を詳しく確認するか、保険会社や代理店に直接問い合わせることが最も確実です。
両目1度で行うのと、別の日に片目ずつ行うのでは給付金は変わる場合がありますか?
白内障手術の給付金や費用に関して、両目を1度で手術する場合と、別の日に片目ずつ手術する場合で、給付金の額や自己負担額が変わることがあります。具体的には以下の点を考慮する必要があります: 手術費用: 両目を同時に手術する場合、手術の基本料金や使用する材料のコストが変わる可能性があります。一方、別の日に片目ずつ手術する場合、2回の手術料金が発生します。高額療養費制度: 1ヶ月間の医療費が一定の額を超えた場合に適用される高額療養費制度の上限額に影響が出ることが考えられます。両目を同時に手術すると、1ヶ月の医療費が高くなる可能性があり、高額療養費制度の恩恵を受けやすくなるかもしれません。
入院費用: 手術後の経過観察や入院が必要な場合、両目を同時に手術すると、入院日数が短くなる可能性があります。これにより、入院費用が節約できる場合があります。
保険の適用: 保険の適用条件や給付内容は、契約内容や保険会社によって異なるため、具体的な給付金の額や自己負担額を知りたい場合は、保険会社や医療機関に直接確認することが必要です。

結論として、両目を1度で手術するか、別の日に片目ずつ手術するかによって、給付金や自己負担額が変わる場合があります。手術を受ける前に、医療機関や保険会社に詳しく相談し、最も経済的で効果的な選択をすることが重要です。

保険適用外の白内障の手術もありますか?
近年、医療技術の進歩に伴い、白内障手術も多様化してきました。特に、高度な技術を要する手術や、特定の眼内レンズを使用する手術は、保険適用外となることがあります。例として、多焦点眼内レンズは、遠近両用の視力を得られる高機能なレンズですが、すべての多焦点レンズが保険の対象となるわけではありません。
こうした状況を受けて、日本の医療制度では「選定療養」という制度が設けられています。この制度は、保険診療と自由診療を組み合わせて、患者が希望する治療を受けることを可能にするものです。具体的には、基本的な手術は保険診療として行い、特定の眼内レンズの挿入や高度な技術を利用する部分を自由診療として行えます。
このように、選定療養を利用することで、一部の費用を自己負担する形となりますが、最新の技術や高機能な眼内レンズを使用した治療を受けることができます。しかし、治療の内容や費用には個人差があるため、手術を受ける前には、医療機関に詳しく相談し、治療内容や費用、保険の適用範囲などをしっかりと確認することが重要です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで白内障の医療保険についてお伝えしてきました。白内障の医療保険の要点をまとめると以下の通りです。

  • 白内障の自由診療での治療は、眼内レンズによって費用が変わり、多焦点レンズを選択した場合は、超音波手術で片目約40万円から60万円となり、レーザー手術では片目約50万円から70万円かかるとされている
  • 白内障の手術は、日本で公式に認可されている眼内レンズを使用する場合、健康保険が適用される
  • 白内障の治療は、多くの生命保険で直接的な補償対象とはならないことが一般的でだが、医療特約などの追加オプションを付けている場合、給付が受けられる可能性もある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

東京大学医学部卒業(1995年 MD)/ 東京大学大学院修了(医学博士 2001年 PhD) / 東京大学医学部眼科学教室講師(2012-2015年) / デューク・シンガポール国立大学医学部准教授(2016年-2020年)/ 旭川医科大学眼科学教室教授(2018年-2020年) / 横浜市立大学 視覚再生外科学 客員教授(2020年-現在) / 専門は黄斑疾患。シンガポールをはじめとした国際的な活動に加え、都内のお花茶 屋眼科での勤務やDeepEyeVision株式会社の取締役を務めるなど、マルチに活躍し ています。また、基礎医学の学術的バックグラウンドを持ち、医療経済研究、創薬、国際共同臨床研究などを行っています。

記事をもっと見る

RELATED

PAGE TOP