新着記事

注目のトピック

白内障

白内障はいつから発症する?年齢との関係など徹底解説!

白内障 いつから

白内障はいつから発症するのか知っていますか?本記事では、白内障はいつから発症するのかについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 白内障とは
  • 白内障と年齢
  • 白内障の予防法と治療法

白内障はいつから発症するのかについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

白内障とは

白内障とは

白内障とはどのような病気ですか?
白内障は、我々の目の中に存在する水晶体というレンズが次第に濁り、透明度を失ってしまう疾患です。加齢とともにそのリスクが増すため、特に40歳以降の方々に発症するケースが増えてきます。そして、80歳以上の人の多くは、何らかの形で白内障の影響を受けているとされています。
この病気の特徴として、発症した場合でも放置すれば失明するというような事態には至りません。ただし、一度濁りが出現すると、それを薬だけで完全に治すことは難しいのが現状です。薬は、白内障の発症前や初期の段階での予防や進行の遅延におすすめですが、進行した白内障の最善の治療方法は手術となります。
日本では年間140万件を超える白内障手術が行われており、この手術は都市部だけでなく地方の一般眼科でも日常的に行われています。また、多くの場合は日帰り手術として行われ、入院の必要がないため、患者さんの身体的・経済的負担も軽減されています。
白内障になりやすい人はどんな人ですか?
白内障は、主に加齢とともに発症する疾患で、年齢を重ねることでそのリスクは高まります。具体的には、50代の人の約半数、60代では70~80%、70代で80~90%、そして80歳以上の方ではほぼ全員が何らかの白内障の症状を示します。
だが、年齢だけが白内障の発症リスクを左右するわけではありません。食生活の偏りや喫煙、紫外線の多い環境での仕事など、生活習慣や環境的な要因も影響を及ぼします。これらの外的要因により、一般的な発症年齢よりも早く、40代などで白内障の徴候が現れるケースもあるのです。
さらに、体質的な側面も無視できません。遺伝的な要因や、過去の目のトラブル、アトピー性皮膚炎のような疾患の影響も受けやすく、家族に白内障の症状が見られる方は、特に注意が必要です。定期的な眼科診察を受けることで、早期発見・早期治療へと繋げられます。
白内障と老眼の違いは何ですか?
白内障と老眼は、共に加齢に関連する目の疾患でありながら、その原因と特徴が異なります。
白内障は、目の中のレンズとして機能する水晶体が濁ることで視界がぼやける疾患です。この濁りは徐々に進行し、放置すると視力低下を引き起こします。
対照的に、老眼は水晶体の濁りとは関係なく、水晶体が年齢とともに硬化してしまうことから発症します。これにより、近くのものが見づらくなるという症状が現れます。特に、40代を境に多くの人がこの症状を経験します。
白内障は加齢だけでなく、さまざまな要因で発症する可能性があるのに対し、老眼はほぼ全ての人が経験する自然な変化です。
これらの疾患は、適切な治療により視力の回復や症状の改善が期待できます。

白内障と年齢

白内障と年齢

白内障はいつから発症しますか?
白内障は、加齢と共にその発症率が増加する眼の疾患です。具体的には、50代では約40〜50%の人が発症していると言われ、60代になるとその数は70〜80%へ、70代では80〜90%へと跳ね上がります。そして、80歳を超えると、ほぼ全ての人が何らかの形で白内障の症状を示すことが明らかとなっています。
この高い発症率は、主に「老人性白内障」が関与しており、全白内障患者さんの約90%をこのタイプが占めています。しかし、一般的な加齢以外の要因も存在し、40歳前後から症状が出始めることもあれば、生まれつき白内障を持っている「先天性白内障」のケースも存在します。白内障の進行や発症時期は個人差があり、年齢だけでなく、その他の要因も考慮しながら適切な診断と対応が求められます。
若年性白内障について教えてください。
若年性白内障は、年齢を問わず発症する白内障の一形態で、多くの場合は加齢よりも他の要因に起因します。その症状は、通常の老人性白内障と類似しており、以下のような現象が観察されます。

  • 視力の低下
  • 夜間の運転時や明るい場所での眩しさ
  • 物体のかすみや二重に見える
  • 色彩の変化、特に白いものが黄色く感じる
  • 度数が合わなくなる、特に老眼鏡

もし、これらの症状のいずれか、あるいは複数に該当する場合、若年性白内障の可能性が考えられます。早期の診断と適切な治療が必要ですので、症状に気付いたら眼科医に相談することを強く推奨します。

若年性白内障の原因は何ですか?
白内障は通常、加齢とともに発症するものですが、若い世代でも発症する「若年性白内障」があります。その原因としていくつかの要因が考えられます。

糖尿病:糖尿病患者さんは非患者さんより白内障のリスクが高まります。特に病状のコントロールが不十分な場合、白内障の進行が早まることがあります。
ステロイド使用:炎症を抑制するためのステロイド薬の長期使用は、白内障のリスクを増加させるとされています。特に内服や吸入による使用がリスクとなります。
外傷:強い衝撃や外傷が原因で、白内障が発症することがあります。スポーツ事故などでの目へのダメージは要注意です。
アトピー性皮膚炎:アトピーの症状が顔に現れる場合や、症状が強い場合、白内障のリスクが上がるとされています。症状の緩和や目への刺激を避けることが重要です。

これらの要因を考慮しながら、定期的な眼科診察を受けることで、若年性白内障の早期発見・対応が可能です。健康な生活習慣や適切な目のケアが、若年性白内障の予防に繋がります。

白内障の予防法と治療法

白内障の予防法と治療法

白内障の予防方法はありますか?
白内障の発症リスクを低減させるためには、健康的な生活習慣の維持が不可欠です。以下に、具体的な予防策をご紹介いたします。

禁煙:タバコの煙に含まれる有害物質は、白内障のリスクを上げる要因となります。喫煙を控えることで、そのリスクを軽減できます。
生活習慣病の予防:糖尿病などの生活習慣病は白内障のリスクを増加させます。定期的な健康診断と適切な食生活、適度な運動で予防しましょう。
栄養の摂取:ビタミンC、ベータカロチン、ルテイン、ゼアキサンチンなどの抗酸化成分を多く含む食物(例:ブロッコリー、人参、ほうれん草)の摂取は、白内障の予防に役立ちます。
紫外線の防御:紫外線は眼の健康に悪影響を及ぼします。サングラスや帽子で目を守ることで、白内障のリスクを低減できます。
目の保護:スポーツや仕事中に目を傷つけるリスクがある場合は、適切な保護具を使用しましょう。

健康的な生活習慣を維持することは、白内障だけでなく、多くの疾患の予防につながります。日常生活の中でこれらのポイントを意識し、目の健康を守ることが大切です。

白内障は目薬で治りますか?
白内障は眼の水晶体が濁る病状で、特に加齢性白内障は高齢になると発症する確率が高まります。実際、70歳代の方々の中には多くの人が何らかの白内障の症状を持っています。しかし、加齢だけが原因ではありません。糖尿病患者さんは、水晶体の混濁が一般的な人よりも早く進行する傾向があります。その結果、40代や50代で白内障を発症するケースが増加しています。また、アトピー性皮膚炎の症状を持つ人々も白内障のリスクが高くなります。
特に、40代の男性で片方の目だけに白内障が発症する場合も報告されています。そのような状況で突然発症する場合、他の健康上の問題が関与している可能性も考慮しなければなりません。
しかし、白内障の治療に関しては、目薬だけで完治するわけではありません。現段階では、白内障の進行を遅らせる効果が期待できる目薬が研究されていますが、白内障の完全な治療法として確立されたものは手術のみとなっています。もし白内障の症状が疑われる場合、専門の眼科医の診察を受けることが推奨されます。
白内障で失明する割合はどのくらいですか?
日本の医療技術の進歩により、白内障による失明のリスクは極めて低く、約3%となっています。白内障は、眼の水晶体が濁る疾患で、その進行に伴って視力は低下していきます。しかし、現代の医療技術では、この濁った水晶体を取り除き、人工レンズを挿入することで視力を回復する手術が一般的に行われています。
とはいえ、白内障は放置すれば進行していく特性を持ち、治療を遅らせればその結果、手術が難しくなる可能性が出てきます。特に、進行した白内障は緑内障など他の眼の疾患のリスクを高めることもあります。
このように、白内障は早期の発見と治療が非常に重要です。視覚に異常を感じたり、日常生活に支障をきたしたりするような症状があれば、早めに医師の診察を受けることが大切です。白内障のリスクを低減し、健康な視力を保つためのアクションを心がけましょう。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで白内障はいつから発症するのかについてお伝えしてきました。白内障はいつから発症するのかの要点をまとめると以下の通りです。

  • 白内障は、我々の目の中に存在する水晶体というレンズが次第に濁り、透明度を失ってしまう疾患のこと。
  • 白内障にかかる人は、50代では約40〜50%の人が発症していると言われ、60代になるとその数は70〜80%へ、70代では80〜90%へと跳ね上がる。
  • 白内障による失明のリスクは極めて低く、約3%とされている。しかし、早期の発見と治療が非常に重要なので、放置せずに病院を受診しよう。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

東京大学医学部卒業(1995年 MD)/ 東京大学大学院修了(医学博士 2001年 PhD) / 東京大学医学部眼科学教室講師(2012-2015年) / デューク・シンガポール国立大学医学部准教授(2016年-2020年)/ 旭川医科大学眼科学教室教授(2018年-2020年) / 横浜市立大学 視覚再生外科学 客員教授(2020年-現在) / 専門は黄斑疾患。シンガポールをはじめとした国際的な活動に加え、都内のお花茶 屋眼科での勤務やDeepEyeVision株式会社の取締役を務めるなど、マルチに活躍し ています。また、基礎医学の学術的バックグラウンドを持ち、医療経済研究、創薬、国際共同臨床研究などを行っています。

記事をもっと見る

RELATED

PAGE TOP