新着記事

注目のトピック

白内障

近視は治るの?近視の進行予防や治療法について

近視 治療

近視の進行予防や治療法について知っていますか? 本記事では近視の進行予防や治療法について以下の点を中心に解説していきます!

  • 近視の原因
  • 近視の進行を予防する方法
  • 子どもの近視治療

近視の進行予防や治療法について理解するためにも参考にしてください。 ぜひ最後までご覧ください。

近視について

近視について

近視の原因を教えてください
近視は、眼球の長さが角膜と水晶体の焦点調整能力を超えた状態で、光線が網膜の前に焦点を合わせる現象を指します。また、角膜や水晶体が過度に湾曲している場合も、近視の発生を引き起こします。 近視は一般的に子供の頃に始まり、両親が近視であるとリスクが増加します。多くの場合、近視は成人になると安定しますが、年齢と共に進行することもあります。 近視の発症や進行は遺伝的要素が関与しているとされています。また、近視が進行すると、網膜、視神経、脈絡膜などが伸びて薄くなり、神経や細胞にストレスがかかり、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。 近視の治療法としては、眼鏡やコンタクトレンズの使用、または屈折矯正手術があります。近視の度合いによっては、常時眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要があるか、または遠くをはっきりと見る必要がある場合にのみ使用することもあります。近視の度合いは、眼鏡やコンタクトレンズの処方箋の最初の数字(球)のマイナス記号(-)で示されます。この数字が大きいほど、近視の度合いが強いことを示します。屈折矯正手術により、眼鏡やコンタクトレンズの必要性が減少し、場合によっては必要なくなることもあります。
近視は治りますか?
近視とは、近くのものは見えるけれど、遠くのものが見えにくい状態を指します。角膜から網膜までの距離(眼軸)が長く、網膜の手前でピントが合ってしまうことが原因です。 大人になる前の成長過程で起こる近視は、レーシックなどの屈折矯正手術を行わない限り、治ることはありません。しかし一方で、成人してからパソコンやスマホの長時間使用などで起こる近視は、それらの近視になった原因を避け、点眼治療を行うことで程度が軽くなることがあります。 したがって、近視が治るかどうかは、その近視がどのようにして発生したかによります。具体的な治療法や対策については、必ず専門の医療機関で診察を受け、医師の指導に従ってください。
大人になれば、近視の進行は止まりますか?
大人になると、近視の進行は一般的には止まるといわれています。しかし、それはあくまで一般的な傾向であり、個々の眼の状態や生活習慣によります。また、近視が進行すると、網膜剥離などの合併症のリスクが高くなる可能性があります。 したがって、近視の進行が止まるかどうかは、その人の眼の状態や生活習慣によります。具体的な治療法や対策については、必ず専門の医療機関で診察を受け、医師の指導に従ってください。

近視の予防法と治療法

近視の予防法と治療法

近視の進行を予防する方法を教えてください
近視の進行を予防するためには、以下のことに注意することが重要です。
適切な照明:勉強や読書をするときは、十分な光の下で行うことが重要です。暗い場所での読書は目に負担をかけ、近視の進行を促進する可能性があります。
休憩を取る:長時間の読書やスマートフォンの使用後は、定期的に休憩を取り、遠くを見ることで目の筋肉をリラックスさせます。
バランスの良い食事:ビタミンA、C、Eなどの抗酸化物質を含む食事を摂ることで、目の健康を維持できます。 適切な眼鏡の使用: 近視が進行している場合、適切な度数の眼鏡を使用することが重要です。度数が合っていない眼鏡を使用すると、目に余計な負担をかけ、近視の進行を促進する可能性があります。
眠前に低濃度アトロピン点眼を行う:近視予防の方法として、子供限定ではありますが、眠前に低濃度アトロピン点眼を行う方法もあります。近視を治せはしませんが、眼軸長延長を予防する効果は期待できるといわれています。手術やコンタクトなどは必要ないため、手軽に始められることがメリットです。 小学校低学年から高校生までの間は眼が成長(眼軸長の延長)する時期ですので、近視が進行しやすい時期と言えます。近視というだけで眼の様々な病気のリスクとなりますので、子供のうちから少しでも進行を予防しましょう。
これらの予防策は一般的なものであり、個々の状況により異なる場合があります。具体的な症状や問題がある場合は、医療専門家に相談してください。これは一般的な情報であり、個々の状況により異なる場合がありますので、専門的な医療アドバイスとしては利用しないでください。具体的な症状や問題がある場合は、医療専門家に相談してください。
太陽光は近視治療と関係あるのですか?
太陽光は近視治療と関係があります。特に、太陽光に含まれる「バイオレットライト」は近視の進行を抑制する可能性があるとされています。バイオレットライトは太陽光に含まれる可視光で、紫外線に一番近い短い波長を持つ紫色の光です。 慶應義塾大学医学部の研究では、このバイオレットライトを浴びることで近視が実際に抑えられるかどうかについて、2つの研究を行っています。一つは実験モデルとしてヒヨコを使用し、バイオレットライトを当てる群と、当てない群にわけて研究したところ、バイオレットライトを当てたほうの群で有意に近視進行が抑制されました。 また、子供の近視予防では、「外で過ごす時間が長い子どもほど近視になりにくい」というデータがあります。しかし、現代の生活環境では、室内でもバイオレットライトがカットされているため、多くの人がバイオレットライトを十分に浴びていないのです。 したがって、近視予防の視点からは、このバイオレットライトをどう浴びるかが大切です。特に子供の近視予防では、視力検査で0.7とか0.6などといわれた近視のなり始めが、とくに重要な時期です。1日2時間を目安に屋外で過ごすことがおすすめです。 ただし、バイオレットライトを浴びるためだからといっても、直射日光に当たる必要はありません。光は反射するため、日陰にいてもバイオレットライトを浴びれます。また、日差しが強い時期は、紫外線の浴びすぎを避けるためにも、帽子などを着用し、皮膚に日焼け止めを塗るなど紫外線対策を忘れないようにしましょう。
レーシック手術について教えてください
レーシック(LASIK)は、視力矯正手術の一つで、近視、遠視、乱視を改善するための手術です。手術の仕組みとしては、光の屈折を行う眼の組織「角膜」にレーザーを照射して形状を調整することにより、屈折異常を矯正します。
レーシック手術の流れは以下の通りです。
1.麻酔:最初に点眼麻酔を行います。
2.フラップ作成:レーザーで角膜表面にフラップと呼ばれる「フタ」を作成します。
3.レーザー照射:フラップをめくった箇所(角膜実質)にレーザーを照射して、角膜を削っていきます。
レーシック手術のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。
近視・遠視・乱視が治せる:近視はもちろん、遠視や乱視の改善もできます。
手術時間が短い:レーシック手術そのものは約10分で完了します。手術前後の時間を含めても、1時間半~2時間程度で終わる日帰り手術です。
術後の回復が早い:レーシックは早い人だと手術当日から視力が良くなり、裸眼で日常生活が送れるようになります。
ほかの視力矯正手術と比較してリーズナブル:レーシックは保険適用外の手術ですが、ほかの視力回復手術と比べて費用負担が抑えられる特徴があります。
しかし、レーシック手術にはデメリットやリスクも存在します。手術である以上100%リスクがないとは言い切れません。あらかじめ合併症やリスクの可能性について、医師やカウンセラーから充分な説明を受け、理解しておくことが大切です。
オルソケラトロジーとはどのような治療ですか?
オルソケラトロジー(Orthokeratology)は、近視や乱視の視力矯正治療の一つです。この治療法は、特殊な形状をした高酸素透過性のハードコンタクトレンズを寝る前に装用することで、寝ている間に眼の角膜を矯正します。日中はレンズをつけなくてもよいので、快適な生活が送れます。 オルソケラトロジーの特徴は以下の通りです。
日中は裸眼で過ごせる:夜にレンズを装着し、寝ている間に角膜を矯正するため、日中は裸眼で過ごせます。近視の進行を抑制する効果:オルソケラトロジーは近視の矯正だけでなく、近視そのものを抑制する効果があるともいわれています。
装用を中止すれば元の状態に戻せる:レーシックのような手術では角膜を削るため元には戻せませんが、オルソケラトロジーはレンズの装用を止めれば角膜は少しずつ元の形に戻っていきます。
年齢制限がない:レーシックは近視が進行する可能性がある未成年は基本的には手術を受けられませんが、オルソケラトロジーの場合は年齢制限がなく子供でも装用できます。
ただし、オルソケラトロジーにはデメリットやリスクも存在します。
CL(眼内コンタクトレンズ)のメリット・デメリットは何ですか?
ICLのメリットは以下の通りです。
近視の戻りが少ない:ICLは近視の戻りが少ないという報告があります。術後何年経っても、治療直後と同じ見え方が維持されます。強度近視でも対応できる:ICLは強度近視の方も対応できます。
見え方の質が高い:ICLは角膜を削らないため、見え方の質が高いです。
術後のリスクが少ない:ICLは角膜を削らないため、術後のリスクが少ないです。
もしもの時の選択肢が残る:ICLはレンズを取り出せます。したがって、将来的に何らかの問題が起きた場合でも元の状態に戻せます。
紫外線をカット:ICLは紫外線を90%以上カットします。
お手入れ不要:ICLはレンズの交換やメンテナンスの必要が基本的にありません。ICLのデメリットは以下の通りです。
時間がかかることがある:ICLは検査結果に基づき一人ひとりオーダーレンズを用いるため、度数により時間がかかることがあります。
経済的負担:ICLは自由診療(保険適用外)のため、費用が高い傾向にあります。
内眼手術である以上、リスクはある:ICLには、感染症のリスク(1/6000件の確率)や角膜内皮細胞数減少のリスクなどがあります。
手術後は日常生活に一定制限がある:ICL手術後は一定の制限が日常生活に出ることがあります。
具体的な治療法や予防策については、必ず医療専門家に相談してください。

子どもの近視と治療について

子どもの近視と治療について

学校の視力検査で視力が下がったら、眼科へ行くべきですか?
学校の視力検査で視力が下がった場合、眼科を受診することをおすすめします。視力が下がる原因はさまざまで、近視だけでなく、遠視や乱視、さらには目の病気が原因である可能性もあります。 学校の視力検査は、子供たちの視力の変化を把握するための大切な機会です。しかし、それはあくまでスクリーニングであり、詳細な診断を行うものではありません。したがって、視力が下がったと感じた場合、専門的な診断を受けるために眼科を受診することが重要です。 眼科では、視力検査だけでなく、眼底検査や角膜の厚さを測定する検査など、より詳細な検査を行えます。これにより、近視の進行を早期に把握し、適切な治療を開始することが可能になります。 ただし、具体的な治療法や予防策については、必ず医療専門家に相談してください。
子どものうちはコンタクトは避けるべきですか?
コンタクトレンズは適切なケアと清掃が必要となるため、子どもがコンタクトレンズを使用するかどうかは、その子どもの成熟度や責任感に大きく関係します。コンタクトレンズの利点としては、スポーツ活動においてはフレームや眼鏡のレンズが壊れることがないため、より優れていると言えます。また、近視の子どもにとっては、眼鏡に比べて視質が向上する場合もあります。 一方で、コンタクトレンズの不適切な使用は重大な目の損傷を引き起こす可能性があります。問題が発生した最初の兆候でコンタクトレンズを取り外さないと、特に重大な目の損傷が生じる可能性があります。また、季節性アレルギーを持つ子どもは、コンタクトレンズを着用するのに適していない場合があります。レンズはアレルギーによるかゆみや痛みを増加させる可能性があります。 したがって、子どもがコンタクトレンズを使用するかどうかを決定する際には、これらの要素を考慮に入れることが重要です。また、子どもがコンタクトレンズを使用する場合は、必ず眼科専門医の監督の下で行うようにしてください。
子どもの近視治療にはどのようなものがありますか?
子どもの近視治療にはいくつかの方法があります。
眼鏡:近視を補正するための最も一般的な方法です。しかし、標準的な単焦点眼鏡は近視の進行を遅らせる効果はありません。
コンタクトレンズ:特定のタイプのコンタクトレンズは、近視の進行を遅らせられます。これには、多焦点コンタクトレンズやOrtho-K(眼球形状矯正)などがあります。
アトロピン点眼薬:低濃度のアトロピン点眼薬は、子どもの近視の進行を遅らせる可能性があります。ただし、副作用として目の周囲の赤みやかゆみが出ることがあります。
レーシック手術:近視の治療法としては、レーシック手術があります。これは視力を矯正するための角膜の再形成を含んでいます。
これらの治療法は、子どもの近視の進行を遅らせることを目指しています。しかし、どの治療法が最適かは、子どもの処方箋、眼の健康、趣味、活動など、さまざまな要素によります。したがって、子どもの近視治療については、必ず眼科専門医と相談してください

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで近視の進行予防や治療法についてお伝えしてきました。 近視の進行予防や治療法についてまとめると以下の通りです。

  • 角膜と水晶体の合焦能力に比べて眼球が長すぎる場合に発生する
  • 大人になると、近視の進行は一般的には止まるといわれている
  • レーシック手術やアトロピン点眼薬が治療方法である

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
柿崎 寛子医師(Vista medical center Shenzhen)

柿崎 寛子医師(Vista medical center Shenzhen)

三重大学医学部卒業 / 現在はVISTA medical center shenzhen 勤務 / 専門は眼科

記事をもっと見る

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-800-940