新着記事

注目のトピック

白内障

白内障は放置しておくと失明する?失明率や失明の理由などを徹底解説!

白内障 失明

白内障は、目の水晶体が濁って視力が低下する病気です。白内障は放置すると失明のリスクが高まりますが、手術により視力の回復が期待できます。 本記事では、白内障と失明の関係について以下の点を中心にご紹介します!

  • 白内障について
  • \白内障と失明の関係性
  • 白内障の治療

白内障と失明の関係について理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

白内障について

白内障について

白内障とはどのような病気ですか?
白内障は、目の中にある水晶体が加齢などの原因により白く濁る病気です。水晶体はカメラのレンズと似た役割をしており、ピントを合わせたり、視界をきれいに映し出したりする役割があります。加齢により水晶体が黄白色に濁り、視界がかすんだり、モヤがかかったり、車のヘッドライトをまぶしく感じるなどの症状が出ます。白内障は、手術により視力の回復が期待できる目の病気です。しかし、進行した白内障はほかの目の病気を引き起こす可能性があるため、症状が出た場合は早めに眼科医に相談することが重要です。また、50歳頃から白内障の初期の変化が出始めるので、定期的な眼科受診が推奨されます。
白内障の進行速度はどのくらいですか?
加齢に伴う白内障は、半年や1年単位で徐々に進行します。しかし、個人差が大きく、進行の速度は人によって異なります。糖尿病やアトピー性皮膚炎など、白内障を合併しやすい病気がある場合、白内障の進行速度が早くなることがあります。白内障は、進行すると視力が徐々に下がり、最終的には光を感じなくなることもあります。そのため、白内障の症状が出た場合は、早めに眼科医に相談し、適切なタイミングで手術治療をすることが推奨されます。また、白内障が進行すると、ほかの目の病気を引き起こす恐れもあるため、定期的な眼科受診が重要です。
白内障の自覚症状を教えてください。
白内障の自覚症状には以下のようなものがあります。視力の低下:白内障の最も一般的な症状は視力の低下です。物がぼやけて見えたり、かすんで見えたりすることがあります。

眼の疲れ:白内障が進行すると、目が疲れやすくなることがあります。これは、濁った水晶体を通して見ることで目に負担がかかるためです。

二重視:白内障によって、人や物が二重に見えることがあります。これは、水晶体の濁りが光の屈折を乱すために起こります。

近視の進行:白内障が進行すると、近視が進んだように感じることがあります。これは、水晶体の濁りが視力に影響を与えるためです。

光のまぶしさ:晴れた日の屋外や対向車のライトがまぶしく感じることがあります。これは、濁った水晶体が光を散乱させるためです。

これらの症状は、白内障が進行している可能性があります。特に、明るいところでの見えにくさや、日常生活に支障をきたすような症状がある場合は、早期に眼科を受診することが推奨されます。白内障の症状は徐々に進行するため、初期の自覚症状はわかりにくいですが、早期発見と治療により視力の回復が期待できます。

白内障と失明の関係性

白内障と失明の関係性

白内障は放置すると失明しますか?
白内障を放置すると失明する可能性について、以下のように説明できます。現代の医学では、白内障で失明することはほぼありません。しかし、白内障を放置し続けると、視力の低下やものの見え方の違和感に慣れてしまい、ほかの目の疾患に気づきにくくなる可能性があります。これにより、ほかの疾患が重篤化することも考えられます。

白内障を放置すると、手術自体の難易度が上がり、術中・術後の合併症が起こる可能性も懸念されます。白内障が進行するほどに手術にかかる時間が長くなり、患者さんの負担も大きくなります。症状に気づいたら、早めに眼科を受診し、適切な治療を受けることが重要です。

白内障で失明する理由を教えてください。
白内障で失明する理由について、以下のように説明できます。急性緑内障の発症:白内障が進行すると、水晶体が膨らみ、眼球の水の出口を塞ぐことがあります。これが原因で「急性緑内障発作」が起こり、眼圧が急激に上昇することがあります。この状態が続くと、視神経が損傷し、失明に至る可能性があります。

水晶体融解性ぶどう膜炎:白内障が進行すると、水晶体が分解し、重度の炎症を誘発するリスクがあります。このような状況では、緊急の手術が必要となり、治療後もさまざまな後遺症が生じる可能性が考えられます。したがって、失明する恐れがあるため、早期発見と治療が重要です。

白内障による失明率はどのくらいですか?
日本では、医療水準の高さにより白内障による失明率は約3%と低いとされています。これは、白内障の症状を放置したケースがほとんどで、適切な時期に治療を受ければ失明に至ることはまずありません。世界的に見ると、白内障は失明原因のトップとされています。特に発展途上国では、医療アクセスが悪く、白内障の診断や治療が適切に行われないため、失明に至るケースが少なくありません。

白内障を放置すると、症状が進行し、最終的には合併症を引き起こす可能性が高まります。これには、急性緑内障や水晶体融解性ぶどう膜炎などが含まれ、これらの合併症は失明のリスクを高めます。

白内障で失明した場合、視力は回復しますか?
手術では、濁った水晶体を取り除き、透明な人工レンズを挿入することで、視力を改善します。手術への不安や症状に気付かず、適切な時期の治療を放置していた場合、失明してしまう可能性もあります。また、重症化しすぎると、手術が難しくなり、視力回復の可能性が低くなることもあります。また、白内障の進行が原因で、ほかの眼疾患によって失明した場合、視力回復が見込めない場合もあります。

白内障の治療

白内障の治療

白内障を放置してはいけない理由を教えてください。
白内障を放置すると、進行の速さにもよりますが、最終的には失明に至る可能性があります。特に、白内障が進行し、急性緑内障発作などを引き起こすと、失明リスクが高まります。白内障を放置することで、水晶体が液状化し、水晶体融解性ぶどう膜炎などの合併症を引き起こすリスクがあります。これらの合併症は、充血や強い痛みを伴い、緊急手術が必要となる場合があります。

白内障を放置すると、水晶体の濁りにより網膜の状態がしっかり見えず、加齢性黄斑変性や網膜前膜などの網膜の病気に気付きにくくなります。これにより、ほかの目の病気を早期発見するのが困難になる可能性があります。

白内障は、手術を受けないと根本的に改善しない病気です。自覚症状が無い場合や生活に支障がない場合には、点眼薬にて進行を遅らせますが、日常生活に支障をきたす場合には、手術を検討することが望ましいとされています。手術を受けることで、クリアな視界を長く維持することにもつながります。そのため、自覚症状がある場合は、早期に眼科に相談することをおすすめします。また、白内障と診断された場合は、すぐに手術の必要がなくても、定期的に検査・診察を受けて自身の目の状態を理解しておくことが大切です。

白内障の治療方法を教えてください。
白内障の治療の基本は手術です。手術では、濁った水晶体を取り除き、透明な人工の眼内レンズを挿入します。この手術により、視力を取り戻します。現代の白内障手術は、手術技術や医療機器の進化により、患者さんの侵襲性を抑え、効率的に行われます。日帰りで受けられることが多く、日本では年間160万件以上の手術が実施されています。
手術では、濁った水晶体の代わりに眼内レンズを挿入します。眼内レンズには単焦点レンズと多焦点レンズがあり、患者さんのライフスタイルや視力の状態に応じて適切なレンズが選択されます。手術により、多くの患者さんが術後の視力の改善に満足しています。しかし、手術にはリスクも伴うため、患者さんは術前に医師と十分に話し合うことが重要です。また、手術後の適切なケアと定期的なフォローアップにより、合併症のリスクをさらに低減させます。

編集部まとめ

変種部まとめ

ここまで白内障と失明の関係についてお伝えしてきました。 白内障と失明の関係の要点をまとめると以下の通りです。

  • 白内障とは、目の中にある水晶体が加齢などの原因により白く濁る病気
  • 白内障を放置すると症状が進行し、最終的には急性緑内障や水晶体融解性ぶどう膜炎などの合併症を引き起こし、失明のリスクを高める
  • 白内障の治療の基本は手術であり、濁った水晶体を取り除いて透明な人工の眼内レンズを挿入する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

柳 靖雄医師(横浜市大 視覚再生外科学客員教授 お花茶屋眼科院長)

東京大学医学部卒業(1995年 MD)/ 東京大学大学院修了(医学博士 2001年 PhD) / 東京大学医学部眼科学教室講師(2012-2015年) / デューク・シンガポール国立大学医学部准教授(2016年-2020年)/ 旭川医科大学眼科学教室教授(2018年-2020年) / 横浜市立大学 視覚再生外科学 客員教授(2020年-現在) / 専門は黄斑疾患。シンガポールをはじめとした国際的な活動に加え、都内のお花茶 屋眼科での勤務やDeepEyeVision株式会社の取締役を務めるなど、マルチに活躍し ています。また、基礎医学の学術的バックグラウンドを持ち、医療経済研究、創薬、国際共同臨床研究などを行っています。

記事をもっと見る

RELATED

PAGE TOP