新着記事

注目のトピック

レーシック

レーシックで失明のリスクはある?ほかの視力矯正方法とも比較!

皆さん、視力のことで悩んでいませんか?
眼鏡やコンタクトレンズを使っていると、スポーツやアウトドア活動をする際に不便を感じることがあるでしょう。そんな時、視力矯正手術の「レーシック」を考えたことはありますか?「レーシックって失明のリスクがあるの?」という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
この記事では、レーシックの安全性やその他の視力矯正方法との比較について、わかりやすく解説していきます。

レーシックで失明のリスクはある?

視力矯正手術の中でも、レーシックは非常に人気があります。その理由の一つは、手術の安全性が高いことです。実際、レーシックでの失明のリスクは非常に低いとされています。もちろん、全ての手術にはリスクが伴いますが、適切な前処置と専門的な技術を持つ医師による手術であれば、そのリスクは極力抑えられます。

レーシック手術のメリットを教えてください。
レーシック手術は、多くの人々にとって視力の悩みを解消する夢のような手術と言えるでしょう。その大きなメリットは、手術後の回復が非常に早いことです。多くの場合、手術の翌日から日常生活を送ることができます。また、痛みも少なく、手術時間も短いため、忙しい現代人には大変ありがたい手術方法と言えます。さらに、レーシックは切開を伴わないため、傷跡が残ることがありません。これは、美容を気にする方々にとっても大きなメリットとなります。また、手術後の維持管理も比較的簡単で、特別なケアや治療が必要な場合は少ないです。

もちろん、レーシックには他にも多くのメリットがあります。例えば、眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから解放されることもその1つです。これは、スポーツを楽しむ方やアウトドア活動を好む方にとって、非常に大きな魅力となります。また、視界がクリアになることで、日常生活の質が向上するという声も多く聞かれます。

しかし、レーシックを受ける前には、しっかりとした検査やカウンセリングが必要です。自分の目の状態や健康状態をよく知り、適切な手術方法を選ぶことが大切です。

レーシックで失明のリスクを抑えるために、前もって押さえておくべきこと

レーシック手術は高い安全性を誇りますが、その安全性をさらに高めるためには、事前の準備が非常に重要です。手術を受ける前に知っておくべきこと、やっておくべきこと、そして避けるべきこと。これらをしっかりと押さえておくことで、手術の成功率を上げることができます。

レーシック手術を受ける前に検査などはありますか?
はい、レーシック手術を受ける前には、詳細な検査が行われます。この検査は、手術の適応や手術方法の選択、そして手術後の結果を予測するための非常に重要なステップです。具体的には、視力の測定、角膜の厚さや形状の測定、目の乾燥度のチェックなどが行われます。これらの検査により、患者さんの目の状態や特性を詳しく知ることができ、適切な手術方法を選択するための大切な情報となります。人によっては、残念ながらこの事前検査の結果レーシック手術を受けられないと判断される場合もあるようです。また、これらの検査は、手術のリスクを事前に把握し、適切な対策を講じるためにも必要です。例えば、角膜が薄い場合や、目の乾燥が強い場合など、手術の方法やアフターケアに変更が必要となることもあります。そのため、手術を受ける前には、しっかりとした検査を受けることが大切です。
レーシック手術を受ける前にやらないほうがよいことはありますか?
レーシック手術を受ける前には、いくつか避けるべきことがあります。特に、手術の1週間前からは、コンタクトレンズの使用を控えることが推奨されています。コンタクトレンズは、角膜の形状に影響を与えることがあるため、手術前にはその影響を受けないようにするためです。また、手術の前日や当日には、アルコールの摂取やメイクの使用も避けるようにしましょう。これらは、手術の成功率を下げる原因となることがあるためです。
レーシック手術の代わりとなる治療方法はありますか?
レーシック手術の代わりとして、ICL(眼内コンタクトレンズ)が注目されています。ICLは、角膜に手を加えずに、レンズを眼内に挿入することで視力を矯正する方法です。ICLの主なメリットとしては、以下の点が挙げられます。

・角膜を削らない
レーシックは角膜の一部を削ることで視力を矯正しますが、ICLは角膜に手を加えることなく視力矯正が可能です。

・高度な近視や乱視にも対応可能
レーシックでは対応が難しい高度な近視や乱視も、ICLならば矯正が可能です。

逆転の可能性:ICLは取り外しが可能なため、何らかの理由で視力が逆転した場合でも、再度の手術や治療が容易です。

上記のメリットを踏まえて、以下のような方々はレーシックよりもICLを検討してみても良いかもしれません。

・角膜が薄い方
レーシックは角膜の厚さが一定以上ないと手術が難しいため、角膜が薄い方にはICLが適しています。

・高度な近視や乱視の方
レーシックの矯正範囲を超えるような高度な近視や乱視の方には、ICLがおすすめです。

・視力が変動しうる年齢の方
若い方や、加齢による視力の変動が予想される方には、ICLの方が適している場合があります。

レーシックとICL、どちらも高い安全性を持つ治療方法ですが、それぞれの特性やメリット、デメリットが異なります。自分の目の状態やライフスタイル、希望する結果に合わせて、適切な方法を選択することが大切です。

ICLのデメリットはありますか?
ICLも非常に高い安全性を持つ治療方法ですが、デメリットも存在します。例えば、手術の費用が高額であることや、手術後の定期的な検診が必要となることなどが挙げられます。また、レーシックと比べて手術時間が長くなることもあります。しかし、これらのデメリットを上回るメリットも多く、多くの患者さんがICLを選択しています。

レーシックで失明のリスクが低いとしたら、ほかにどのようなリスクがありますか

レーシック手術は、その高い安全性と効果から多くの人々に選ばれています。しかし、全ての手術には多少なりともリスクは伴うものです。失明のリスクが非常に低いとされるレーシックですが、他にも知っておくべきリスクが存在するのでご紹介します。

レーシックでの治療のリスクを教えてください。
レーシック手術には以下のようなリスクが考えられます。・復元ができない
レーシック手術は、角膜の一部を削ることで視力を矯正します。このため、一度手術を受けると、元の状態に戻すことはできません。

・まれに視力の再低下がおこる
手術後、一時的に視力が向上するものの、時間が経つと再び視力が低下することがまれにあります。これは、手術の方法や個人の体質、生活習慣などによるものです。

・ハロー・グレア
ハロー・グレアとは手術後、夜間の明るい光源を見たときに、光が広がって見える現象です。特に夜間の運転などで視界が悪くなることがあります。

・ドライアイ
手術後、目の乾燥を感じることが増えることがあります。これは、涙の分泌量や質が変わることによるもので、適切なケアや治療が必要となることがあります。

その他にも、感染のリスクや炎症、視力矯正不十分だったり、逆に視力矯正がきつすぎてしまうなどのリスクが考えられます。しかし、これらのリスクは、適切な前処置や手術後のケア、そして経験豊富な医師による手術であれば、極力抑えることができるでしょう。

編集部まとめ

視力矯正手術としての「レーシック」は、その高い効果と安全性から多くの人々に選ばれています。手術後の回復が早く、痛みも少ないため、日常生活に早く戻ることができるのが魅力です。

しかし、全ての手術にはリスクが伴います。レーシックの場合、失明のリスクは非常に低いものの、他にも知っておくべきリスクが存在します。手術を受ける前には、しっかりとした検査やカウンセリングを受け、自分の目の状態や健康状態をよく知ることが大切です。また、レーシック以外にも、ICLなどの治療方法が存在します。

自分に合った方法を選ぶために、しっかりと情報を収集し、医師との相談を重ねることをおすすめします。

参考文献

RELATED

PAGE TOP