新着記事

注目のトピック

レーシック

レーシックした後もカラコンは着けられる?影響の有無や注意点について解説!

現在、レーシック手術で視力を矯正する方は大勢います。
視力を矯正することで世界の見え方が変わると言われており、これからレーシックを受けようか真剣に考えている方も多いでしょう。
特に、普段からカラコンを着けている方はレーシックを受けても大丈夫なのか心配しているのではないでしょうか。
仮にレーシックを受けられたとしても、手術後に再びカラコンが着けられるかどうかも気になりますよね。
そこで、カラコン使用者がレーシック手術を受ける際の影響や注意点について解説します。

レーシックにカラコンは関係ある?基本的な解説

レーシックとはどのような手術ですか?
レーシックとは、目の角膜にレーザーを照射して近視や乱視などの屈折異常を矯正する手術です。角膜の形状をレーザーで調整し、視力を回復させます。
大がかりな手術に思えるかもしれませんが、実際には両目で約20分程度の短時間で終わります。
時間もかからないため入院なども必要ありませんし、基本的に日帰りで済ませられます。
クリニックに向かうまではメガネをかけていても、手術を受けて帰るときには必要なくなります。
それまで裸眼では物や人がボヤけて見えなかったとしても、レーシック手術を受けることで裸眼でクリアに見えるようになり、手術後はメガネやコンタクトレンズに頼らなくても普通に生活できるでしょう。
手術翌日には、見える世界が変わったと喜ぶ人も大勢いるようです。
リスクが全くないわけではありませんが、現在はレーザー技術の発達などによって安全性が向上しています。
高い効果と安全性を見込めることから、多くの人がレーシック手術を選択しています。
普段カラコンをつけていますが、レーシック手術を受けることはできますか?
結論から言うと、カラコンを着けている方もレーシック手術を受けることは可能です。
もちろん手術前にはカラコンを外す必要がありますが、手術を受けること自体に関しては何も問題ありません。
レーシック手術は角膜にレーザーを照射して視力の矯正を行う手術ですので、カラコンを着けたままでは手術を受けられないのは当然です。
度の入ったカラコンを着けている方は、レーシック手術を受ける前に外しておき、メガネを使用することをおすすめします。
これは、手術前の検査で正確な角膜の形状を確認するためです。
カラコンの種類によっては、手術数日前から外すことが推奨される場合もあるので、注意してください。

レーシックした後もカラコンは使えるか

レーシック手術後にカラコンは着けられますか?
レーシック手術を受けた直後は、カラコンの使用は推奨されません。
目の状態が安定するまで、約1〜3ヶ月の期間はカラコンの使用を控えることが一般的です。
度の入ったカラコンを着けていた場合は、手術後の視力変化により、そのカラコンの度数が合わなくなる可能性があります。
そのため、裸眼専用のカラコンに変える必要があるでしょう。
再度カラコンを使用する前に、レーシック手術を担当してくれた医師に相談することをおすすめします。
また、カラコンの品質にも注意が必要です。
特に酸素透過性があまり良くないカラコンに関しては、手術を受けた角膜が傷ついてしまったり、感染症が起きる可能性があるそうです。
レーシック手術の後に使用するカラコンの品質には、注意を向けておく必要があるでしょう。
レーシック手術後も今持っているカラコンはそのまま使えますか?
基本的に、度なしのカラコンであれば以前から使用しているものも引き続き使えることが多いようです。
ただし、レーシックを受けた後はコンタクトのフィット感に違和感を覚える方も少なくありません。
これは、手術によって角膜の形状が変化するためです。
また、度ありのカラコンを使用していた方は、レーシック手術後に視覚が矯正されていることから同じものを使うのは厳しいでしょう。
度数やベースカーブが変わるため、これまでのカラコンは合わなくなる可能性が高いようです。
ただ、カラコンは基本的にソフトタイプですので、レーシック後も比較的容易に装着することは可能です。
カラコンは多くがソフトタイプであるため、レーシック手術後も装着は比較的容易ですが、酸素透過性の高いものを選ぶことで、目の健康を維持することが推奨されます。
レーシック手術後にどれくらいの期間が経てばカラコンを着けられるようになりますか?
レーシック手術を受けた後は、約1〜3ヶ月くらいの期間を空ければカラコンの使用を再開できることが多いです。
これは医師からも説明があるはずですが、手術後に目の状態が安定するまでの期間はカラコンの使用を避けることが推奨されます。
もちろん、レーシック手術が終わってからすぐに着用するのは避けるべきです。
どんなにおしゃれに気を遣いたくても、角膜を傷つけてしまっては大変です。
まだ目の状態が安定していない時は、できるだけ刺激を与えない方がいいでしょう。
レーシックを受けた後の経過観察時に、医師からカラコン使用の許可を得るまでは我慢しましょう。
また、目の状態によっては使用できるカラコンの種類が限られる場合もあるので、その点も注意が必要です。

レーシック手術を受ける際に、カラコン使用者が気をつけるべき注意点

レーシック手術前にカラコンを使用していた場合、手術にどんな影響がありますか?
基本的に、カラコンの使用歴がレーシック手術に直接的な影響を及ぼすことはありません。ただし、手術を受ける際にはカラコンを外す必要があります。
手術前に検診を行う際に角膜の形状などを正しく測定するためです。
レーシック手術は角膜にレーザーを当てますので、角膜の正しい形状を測らなければいけないのです。
角膜の形状が手術によって変わるため、カラコンの装着が角膜に与えた影響を正しく知るためには、カラコンを外してから一定期間経過した後の検診が必要です。
角膜にカラコンの影響が残っている場合、再検査が必要となり、手術の日程が遅れることも考えられます。
クリニックにもよりますが、検診のたびに費用がかかる可能性もあるため、できるだけ早めにカラコンは外しておく必要がありそうです。
レーシック手術後にカラコンを使用することで視力が低下する可能性はありますか?
レーシック手術後の視力は、カラコンの使用によって低下することはありません。
しかし、手術前に使用していたカラコンを装着すると、視界がボヤけるなどの違和感を覚えることがあるようです。
これは、手術によって角膜の形状が変わるためです。度数やカラコンのカーブが変わる可能性があるため、新しいカラコンを選ぶことをおすすめします。

編集部まとめ

レーシックを受けた後にカラコンを使用することはもちろん可能です。
近年、レーシック手術の技術が進化し、多くの人々が視力矯正のためにこの手術を選択しています。しかし、一部の誤情報や都市伝説により、カラコン使用者はレーシック手術が受けられない、あるいは手術後にカラコンを使用することができないという誤解が広がっていることがあります。これは明らかな間違いです。
確かに、レーシック手術を受ける前にカラコンは外しておく必要はあります。
それは正しい角膜の形状を測るためであり、手術でレーザーを照射する際の状態を確認する必要があるからです。
手術を受けた後に1〜3ヶ月程度の期間を経ることで、カラコンを再度使用できるようになります。
ただし、手術によって角膜の形状や視力が変わるため、以前のカラコンが合わなくなる可能性があります。そのため、新しいカラコンを選ぶ際には、その点を考慮して選択することが重要です。

参考文献

RELATED

PAGE TOP